ボランティアの声を聞いてみよう!

鷲津 朱理さん

献血という行動が、確実に命と繋がっていることを実感しました。

近畿ブロック代表 (和歌山県学生献血推進協議会) 鷲津 朱理 さん 2016年10月31日時点

q1

学生献血推進ボランティアに携わろうと思った「きっかけ」について教えてください。

先輩に誘われたことがきっかけです。献血や団体のことをよく知りませんでしたが、まず、「献血バスに献血に行こう!」と誘われました。これが私の初献血でした。初めてで怖くて怯えていたら、看護師さんに「やるかやらないかはっきりしなさい」と勇気づけられました(笑)。「意外と怖くなかった」というのが、私の初献血の感想でした。
先輩や仲良い友人が所属していたこともあり、その流れで団体に所属することになりました。初めは他大学の友人に会うために行っていたのですが、活動に参加するうちに献血が現在抱えている問題、学生献血推進ボランティアの使命を知り、活動に積極的に参加するようになりました。

q2

所属ブロックにおける献血推進活動の概要について教えてください。

私の所属する近畿ブロックでは、2府4県が活動しています。
特徴の違う素敵な府県が集まっていますが、それぞれが近畿ブロックの3つの方針である「協議会の組織力強化」「WEBサイトの充実」「若年層の献血者確保」を念頭において活動を行っています。

q3

所属ブロックの献血推進活動の中でも、他ブロックとの違いや自所属ブロックならではの特色のあるイチ押しのイベント・取り組みについて教えてください。

動画配信隊・近畿広報局・交流班の3つの活動が柱になっています。
「動画配信隊」は内部での情報共有と外部への情報発信のための動画制作、「近畿広報局」は広報媒体の検討や広報を強化するための講演開催等、「交流班」は献血とは関係のない他団体との交流を進めています。
私は、近畿広報局と交流班を兼任しています。広報局では、ニュースリリースの書き方を勉強し、メディアに取材に来てもらえるような取り組みやSNSの発信を行っています。交流班では、広島のカープ女子ならぬ阪神バージョンの「トラコ」の商品開発を行う学生団体や近畿の日本薬学生連盟、若年性がんの啓発を行う団体「STAND UP!!」とのコラボレーションなどを通じ、献血啓発を行ったり新しい考え方を取り入れたりして活動に活かしています。

q4

活動の中で思い出に残っているエピソードを教えてください。

献血の呼びかけを行っていたとき、男性に話しかけられたことがありました。「私の姉は昔病気で、輸血を受けていました。皆さんのおかげで元気になることができました。本当にいつもありがとう」とお話をしてくださいました。その時、献血という行動が確実に命と繋がっているということを初めて感じ、とても印象に残りました。

q5

ずばり、やりがいを教えてください。

「献血の輪が広がる」すなわち「優しさの輪が広がる」という現場にいることができ、またそれに触れられることだと思います。
献血をすることは、自分のことだけを考えるわけではなく、その先に献血を必要としている患者さんがいることも考えるということです。献血してくださる方は、実際には患者さんの顔や姿は見えませんが、優しさの輪は血液とともに確実に患者さんに届けられます。献血者と患者さんの懸け橋になることができるのは、この活動をしているからこそだと思います。