ボランティアの声を聞いてみよう!

笹木 瑞穂さん

ステージでアイドルにゲスト出演いただいたり、ご当地キャラクターとコラボしたり、キャンペーンを盛り上げています。

東海北陸ブロック代表 (愛知県学生献血連盟) 笹木 瑞穂 さん 2016年10月31日時点

q1

学生献血推進ボランティアに携わろうと思った「きっかけ」について教えてください。

元々、大学のサークルで大学祭実行委員会に所属していました。大学祭実行委員会では2年生になるとそれぞれ担当業務を持ちます。そこで私が担当することになったのが「献血」で、「愛知県学生献血連盟」に参加することになりました。
大学祭実行委員の任期は大学2年生で終わりましたが、3年生になった現在も献血連盟にだけ自主参加に近い形で活動しています。

q2

所属ブロックにおける献血推進活動の概要について教えてください。

東海北陸ブロックは、毎年夏にブロック統一イベントとして「サマー献血キャンペーン」を行います。また、年に2回ブロック内の代表者が集まる、リーダー研修会を行っています。
私が所属している愛知では、ステージにアイドルをお呼びしたり(献血推進大使として、アイドルOSU(大須)にお手伝いをいただいています)、名古屋港のキャラクターと一緒にコラボさせてもらったり、今年は“お祭り”と題して、輪投げなど子ども向けの企画を実施したりして幼い頃から献血に触れてもらう機会を増やしました。

q3

所属ブロックの献血推進活動の中でも、他ブロックとの違いや自所属ブロックならではの特色のあるイチ押しのイベント・取り組みについて教えてください。

「サマー献血キャンペーン」中に、バトンリレーを行っています。これは各センターで掲げている献血者数の数値目標の結果報告を東海北陸ブロックの学生で運用しているFacebookにアップし、連帯感を持って取り組もうといったものです。もしその目標を達成できなかった場合は、次に献血を行うセンターにつなぎ皆で補い合いながら目標を達成しようと取り組んでいます。キャンペーンの規模はセンターによって違うため、自分たちの規模に合わせて数値目標を設定しています。

q4

活動の中で思い出に残っているエピソードを教えてください。

普段、献血推進活動のラジオMCを担当されている方が献血100回目を迎えた際に、みんなでサプライズのお祝いプレゼントとして似顔絵付きの感謝状をお贈りしました。
すごく喜んでくださって、印象的な笑顔が忘れられないエピソードです。

q5

ずばり、やりがいを教えてください。

ドナーさんからいただく言葉や大学内での献血推進活動、また団体の活動等をとおし、献血推進活動の素晴らしさを感じています。
また、多くの方とお話をする機会にもなるため、献血のことだけでなく色々なことを吸収できる場だと思います。皆さんのお話を伺えることがわたしのやりがいとなっています。色々と気づかなかった部分に気づかされることが多く、立場によって様々な考え方があるため、とても刺激的です。できるだけ多くのことを話していただけるよう、少しでも自分から声をかけるようにしています。