2011/6/14 ライブビューイング in Kスタ宮城のレポート

会場の様子1

会場の様子1

Kスタ宮城の会場外にあるプロジェクトブースでは、大型モニターにこれまで多くのアーティストからいただいた「献血は○○です」のメッセージVTRを流しました。当日集まっていただいた方々にもフリップに記入していただき、みんなの愛の言葉でブースを埋め尽くすことに。記入していただいた方にはオリジナルのボールペンやグッズをプレゼント。ズラリと集まった愛の言葉の数々は、仙台市内の献血ルームに展示される予定です。

ページ上部へ

会場の様子2

会場の様子2

LOVE in Action Meeting」とグレータートウキョウフェスティバル(GTF)のコラボレーション企画として、Kスタ宮城の会場外で炊き出しを実施。それまで降っていた雨は15時の開会とともに止み、ヘルシーに調理されたシチューやお好み焼きなど、2,500人3,700食が振る舞われました。笑顔で美味しそうにいただく皆さんの姿が印象的でした。

ページ上部へ

MCトーク

MCトーク

Kスタ宮城を盛り上げたのは、宮城県でテレビ・ラジオの司会者として有名な本間秋彦さんとDate fmラジオDJの名護ひと美さん。最初からアクセル全開の観衆の声を受け、ノリノリでこのイベントの司会を務めました。ゲストとして仙台出身であり、被災地に力強いメッセージを届け続けたサンドウィッチマンのお二人が登場。東日本大震災後には一時期、日本全国から多くの方に献血のご協力を頂いたことへの感謝の気持ちを込めて仙台からも「ありがとう」を伝えていきたいと、日本中にパワーを届けました!

イベントに参加しての感想

MCトーク イベントに参加しての感想

MCトーク イベントに参加しての感想

MCトーク イベントに参加しての感想

ページ上部へ

Crystal Kay

Crystal Kay

仙台会場で歌えることの幸せを感じながら透明感のある歌声を響かせたのはCrystal Kayさん。つらい時だからこそ、みんな心をひとつに、一緒に「Fight」という気持ちを持つことが大切だと思い選んだ曲は「見上げてごらん夜の星を」。夕暮れ時の仙台にしっとりと、そして温かい想いが観衆の心に届けられました。絶対仙台にまた来るよと約束して最後に「君がいれば」を熱唱。会場も一体となって手を振る姿が、大きな感動を生んだことは間違いありません。

セットリスト
  1. 「Over the Rainbow」
  2. 「見上げてごらん夜の星を」
  3. 「君がいれば」
イベントに参加しての感想

Crystal Kay イベントに参加しての感想

ページ上部へ

南沢奈央

南沢奈央

献血推進広報映画「八月の二重奏」の主演を務めていただいた南沢奈央さんからは、映画の感想を伺いました。この映画を通して献血のことを勉強し、同じ大学生なのに熱心に献血推進活動をしている多くの方がいることを知って、献血に関する考えが変わったと語っていました。最後に日本武道館と仙台会場に向けて「献血は人の笑顔につながること。献血は、顔の知らない人たちに届いて笑顔にすることができる素敵なこと。誰かを幸せにできることです。」と伝えました。

イベントに参加しての感想

南沢奈央 イベントに参加しての感想

ページ上部へ

Metis

Metis

震災後すぐに仙台へ赴き、避難所での炊き出しや子どもたちへの支援を行ってきたMetisさん。命をテーマに楽曲を作り続けている彼女は、このライブを通して「命の大切さ」「命の重さ」を集まった観衆と感じ合いたいと語りました。「母賛歌」「人間失格」の2曲を披露した彼女の感性溢れる歌声に、スタジアムは大きな愛に包まれ、観客の中には涙する方もいました。

セットリスト
  1. 「母賛歌」
  2. 「人間失格」
イベントに参加しての感想

Metis イベントに参加しての感想

ページ上部へ