HOW TO 献血

HOW TO

PROCESS

献血の手順

受付から問診、採血、終了まで、献血当日の流れを説明します。献血をされる方、輸血を受ける方の安全とプライバシーの保護は十分に考えられていますので、初めての方も安心して献血会場へお越しください。

  1. 受付
  2. 問診・事前検査
  3. 採血
  4. 休憩・終了

PROCESS1

受付

献血の副作用や血液の利用目的などについて同意した上で、初めての方は本人確認を行い、献血に申し込みます。次に、質問事項に回答します。プライバシーは厳重に保護されるので、正確に回答してください。

PROCESS2

問診・事前検査

質問の回答に基づき、問診と血圧測定を行います。次に、少量の採血を行い、ヘモグロビン濃度が採血基準を満たしているかどうかの測定や、初回の方は血液型の事前検査などを行います。成分献血の場合は、血小板数の測定も行います。

PROCESS3

採血

採血ベッドに横になり採血を開始します。採血時間は、全血献血で10~15分程度、成分献血は採血量に応じて40~90分程度時間がかかります。

PROCESS4

休憩・終了

献血後には、休憩場所で十分に水分補給をし、少なくとも10分以上は休憩します。最後に献血カードを受け取り、献血は終了です。献血カードは自分の献血の記録になり、次回献血可能日などが印字されています。

GALLERY

ギャラリー

最近の献血ルームは待っている間もリラックスできるよう雑誌や漫画、インターネットなどが用意されているところもあります。飲み物やお菓子も用意されていて、まるでカフェのような清潔でゆったりくつろげる居心地のルームもあります。
献血バスは、日常生活に身近な学校やイベント会場などで見かけたことがあるかもしれません。
献血いただく前に問診もありますので、安心して学校・会社の帰り道や、週末の空いた時間に訪れてみてください。